前回も時代を感じる神戸の割り切り

私の息子が4歳の時。
仕事の前日は休みです
「お父さんの家に行きます」

https://www.nikukai.jp/kobe-warikiri/

息子の手を握って
私を捨てた夫の実家を訪ねて
電車に乗りました。
(ちなみに、私はまだこの時点で結婚しています)
戸籍抽出から再構築神戸の割り切り
家は大都市の集合住宅にあります
私はそれがそうであったことを知っていました。
でも前回来てから
5年以上経ちました。
しかも今のようなスマホで
地図を見ながら行けます
それは時代ではありません。
最寄りの駅で電車を降りるオン
そこに着く前に私は途方に暮れた。
暗くなって家を出た
到着したときは真っ暗だった神戸の割り切り
歩かせた子供たち
私は病気になりました。

計画が考案されました。
ドアにはスコープがあります
右。私たちをのぞきました
あなたがそれを見たら
開けません。
チャイムを押すと
私は彼女の指でスコープを閉じた。

そして、彼が
「遅刻しました!」
言いながらドアを開けた。

外出していた彼のお母さん
彼女が戻ってきたと思った。
彼女は痛くて、玄関に入った。
安心した息子たち
持ってきた動画を出す
「ママ、もうすぐ見よう!」
言った。

そうしている間、彼のお母さん
彼女が帰ってきました。

私たちを見て、彼女の息子たちに伝えてください

「ここに、あなたの
お父さんとおばあさん
私はここにはいません。 「」

「さあ、戻ってきてください。」
私たちは追い出されました。

団地の階段を下りて駅へ向かう
道路の縁石に座ったとき
涙が出ました。

彼らは私たちを捨てました
しかし、私は無力です神戸の割り切り

彼のお母さんの1つか2つ
急いでいました。歯が我慢できなかった。

縁石の冷たさはあなたの体にあります
寒くなってきました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です