最後に混乱する神戸の割り切り

数ヶ月が経過しました。
最後に、ケージのドアを開けることにしました。
いつものように、モカは不思議なことに近づいていますが、

https://www.nikukai.jp/kobe-warikiri/

彼女は猫パンチでやっつけられて混乱している
それでも、彼女はもっと興味があり、体の周りを嗅ぎます。
コミュニケーションが取れたら、
ドアが閉まり、翌日など。

ケージドアが閉まっているときでも
モカが檻の中をさまよっている
このモカのコミュニケーションスキル
彼女は徐々にマルの心を開きます。神戸の割り切り

3ヶ月が経ちました。
ケージのドアは一日中開いたままにしてください。
この頃、丸は檻から出て行く
彼女はしばしば影に隠れて出てこなかった。
モカはそれを見逃して追跡することはできません
そのような追跡の毎日。

4ヶ月が経ちました。神戸の割り切り
影に隠れることはもうありません
彼女は檻に出入りした。
ケージを片付ける時間はいつですか?

6ヶ月が経過しました。
トイレや食べ物も部屋の隅に置かれ、彼女の檻は片付けられました。
モカと遊び始めました、
私は今、みんな仲良しです。

彼は甘やかすのが苦手なようです
彼女は今、自分を甘やかしたいという合図をしている。

次の話でもあります神戸の割り切り

※ストーリーは中盤から始まります
成猫は家族になれますか? 1 』

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です