限定で開発している神戸の割り切り

苦情
あなたはそれを言うことができます! !!

そう思います。

https://www.nikukai.jp/kobe-warikiri/

1ヶ月ほど前のことですが、どこにあるのかはわかりませんが、あるアパレルメーカーが募集している事業にも、私の事業部が手を挙げてくれました。
最近は色々な業界に進出しているのですが神戸の割り切り、アパレルの分野が大きく違うので今まで全く目立たなかったのですが、銀行が「そんな話がある」と言ってくれた話は確かに私の家です。それは銀行の仕事と一致していて、私はとりあえず手を挙げて「多分それは起こるかもしれない」と言った。

事業内容は、リサイクル衣料を有効活用し、持続可能な衣料に限定することです。
神戸の割り切り
有機物をバイオプラスチックに再生する装置を数年前から開発してきました。
私はまだ衣類を試していませんが、建設廃棄物(木材、石膏ボード)とバガス(サトウキビ搾りかす)のサンプルをすでに出荷しており、このデバイスを使用して衣類をバイオプラスチックにすることはそれほど難しくありません。

バック・トゥ・ザ・フューチャー2では、未来から戻ってきたデロリアンがゴミをきちんと捨てて給油するシーンがあります。
それは決して「映画の神話」ではありません。神戸の割り切り
有機物をバイオ燃料やバイオプラスチックに分解する技術はすでに実用化されていますが、石油よりも高価であるため、広く使われていません。
しかし、ここ数年、持続可能性についての話があり、「お金がかかっても変えないといけないのは悪いことではないか」という風に変わりました。

あるアパレルメーカーも「サステナブル宣言」のようなことを大々的に言い始め、実はしばらくの間リサイクル衣料の収集を始めました。
ダウンジャケットなどの比較的洗練された服は私たちです発展途上国の貧しい地域に送って別の服に再利用するのにかかる費用に見合うだけの価値がありますが、Tシャツのように安価です。再利用が難しく、「集めても大丈夫なのに役に立たない」というのが現実のようです。
「使い方を考えて集めて」と思いますが、一般の方にもわかりやすいアピールとして集めたところから始めたと思います。
神戸の割り切り

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です