簡単に満足した神戸のママ活

主人公の武井千代(杉咲花)の未来に影響を与えながら、ドラマを盛り上げた新キャラクターが登場した朝からインターネットは大騒ぎになりました。
大正時代から戦後の激動時代へと女優の道を歩んだ女性。

兵庫・神戸でママ活できそうな女性 〜姫路・宝塚・尼崎でもママ活にチャレンジしよう

浪花千栄子、コメディアン兼劇作家の二代目天外渋谷の妻、神戸のママ活松竹新喜劇の女優の半減期をモデルにした。その姿をフィクションとして描いたのと同じ作品。この日の放送は第6週「楽しい冒険を続けよう!」の最終日です。 (第26話~30話)、「山村千鳥一座」解散後、マスターの山村千鳥(若村麻由美)が女優を目指している。の紹介で の鶴亀工房を訪ねました。神戸のママ活
千代の前に、平八カタキン監督(六角精児)と映画監督ジョージ・ホンダ(川島潤哉)の二人が登場した。カタキンはいつも所長室のふんどし姿の空手の形をしており、愛称は「カタキン」。股間から「もの」がはみ出すと「演技がいい」と喜ぶ奇行者。神戸のママ活

一方、ホンダはハリウッドに帰るという称号を持っているが、実は生きて映画監督になったばかりだ。会話の途中で英語の単語を挟み、お金の股間から「もの」を見ると「ガダム!」と言う。そして彼の怒りを明らかにする。どちらも朝のドラマのようには見えないクレイジーなキャラクターです。
カタキンはインタビューに来た千代に「チドリンから聞いている。女神戸のママ活優になりたいのなら大丈夫だ」と語った。それから千代はこれを簡単に通過しました。彼女は千代に満足したが、二人は千代が「広い部屋」から抜け出せないと思った。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です