神戸の出会いに私はまた立ち上がる

シート枚数は少ないようです。
できるだけ早く〜芽

神戸の出会い詳細
鉛筆は寒くて神戸の出会いがかかっていません
私は後でまた立ち上がる

神戸 出会い

私は9月に入って、4日に出張の朝に再び定期的な堤防を調べました。富山港は前回と同じ大暴落状態にあり、それは報告されていませんが、当面は記録として残していきます。

アタリと魚はほとんどありません。何度もチャブラシラシ・アタリは出生地の銀行でしたが、アタリはひどくひび割れておらず、食べていないのかもしれません。私は知らない。この夏以降、赤い堤防で最も神戸の出会いが続いています。
理由は謎です!太陽が不足していると話す八幡もありますが、真実は分かりません。魚が堤防の周りを回っていないようです。

今日の潮は潮です。うねりはありませんが、ニゴリは良い気分で、ある状態では2のように感じます。この時期の条件として、アタリの周りには多くのものがあるようです。
餌はゆっくりとマヤの小さな塊をタナから底まで2油性で攻撃した。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です