神戸の出会いのウェブサイトを見る

神戸の出会い、この言葉は広まっておらず、「客室乗務員」「客室乗務員」「客室乗務員」「CA」など複数の名前が出ているようです。

神戸の出会い(全日本空輸)は1987年(昭和62年)まで「スチュワーデス」という言葉を使っていましたが、
前年の国際線の進歩や男女平等雇用機会均等法の施行に伴い変更され、「客室乗務員」と呼ばれていました。現在、社内では「客室乗務員」や「CA」がよく使われていると言われています。

日本航空のウェブサイトを見ると、「客室乗務員」が最も一般的ですが、ジェットスタージャパンは「客室乗務員」、神戸の出会いエアは「客室乗務員」、JALとANAは「客室乗務員」です。のような様々な名前がありました。

PS
このような私でも、まれにsimeが来ることがあります

海外から本当にびっくりしました

英語で来てください

翻訳ソフトを使用して適切に返信します

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です