結果として苦労をした神戸の出会い

歴史に学び、事あるごとに改善を繰り返してきた結果。国が何年もかけて莫大な金をかけて洪水対策をし、直前まで各自治体やマスコミが避難を呼びかけ、何万人もの消防、救急、自衛隊が日々訓練し、命がけで救助にあたった結果である。

神戸で異性と出会いやすいサービスやスポットを体験してきた

もう少し丸い表現はあったかもしれないけど、知らないところで多くの人たちが知恵を絞り汗を流してたことも忘れちゃいかん。

神戸の出会い
我々庶民が今出来ることは募金。
ふるさと納税だと直接自治体に入れれるからオススメだよ~。
これを踏まえて 』
どうなっていくかね。

これまでの災害を糧にして対策をし続けてきての今回。神戸の出会い
もう治水で対策するのは無理なんじゃないかと思う。

寒冷地に氷として留まってた水分が溶けて地球を循環する水分がここ数十年でめっちゃ増えてる。大気中の水蒸気もめっちゃ増えてるはず。だからこれからも数十年に一度の雨がまぁまぁ普通に降るはず。

大気中の水蒸気の量を把握して、雨が集中しないようにコントロールする方向に向かうしかないんじゃないかな。
どんな方法か知らんけどw

天気予報が当たらないのはこれまでのデータが間違ってるか、これまでのデータが参考にならない状況になってるかだから。

二酸化炭素の排出を減らして意味あるのかなぁ~。
自分だけは大丈夫 』
正常性バイアスな。
気をつけなはれや。神戸の出会い
頭の良くない人はこのくらい大丈夫とか言うけど、これな。

用心しすぎることはないからな。神戸の出会い

もう買い出し行ってる場合じゃないから、もしもの事態を想定してできることをする。
取り越し苦労でいい。
『 今から俺はお前たちを殴る 』
って、熱血系ラグビー学園ドラマの名台詞だったんだね。
気付いてやれなくてごめん。

あれはたしか高校二年の時。神戸の出会い
終業式の日にクラスメイト何人かでスノーボードに行って休んだのがばれて、行ったメンバー全員呼び出されて殴られた。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です