検討して不可欠になる神戸の出会い

起承転結があってクライマックスからラストまでの流れと結びかたが見事だとか、そんなものはいらないと私は思っています。

だって、肝心要の場面に持って行くまでに、ダラダラ風景描写だの心理描写だのが長々続いたら、そんなもん読む気します?

でもそういう描写は不可欠なんですよね。神戸の出会い

じゃ、どうやったらダラダラしないか。

うーん、悩みます・・・

ちなみに、わたしゃ「小説教室」だとかああいうのが大嫌いです。

神戸の出会いだから、自分で考えて自分でやります。手コキで。

そう、まさに官能小説を書くのは脳のオナニーと言ってもよろしいでしょう。

困りました。

神戸の出会い10日でどうやるんだよ。

仕事もあるでよ。

残りの人生も短い、頑張ろう。
たぶん、俺はマザコンなんだと思う。
まっ、世の中の男は、ほとんどマザコンか。
冬彦さん(若い人は、知らんか)ではないけど。

俺の両親は自営業だった。
常にお袋が働く姿を見ていたこともあるのか、どちらかと言うと、事務の女性よりも現場で働く女性に魅力を感じてしまう。

その人が、働き者だと、もう萌キュンしてしまう。
そんなジジィの姿はキモいと思うので、何事もない態度を取っている。

ただ、1人、上長は俺のタイプを知っているので、「お前の好きそうな女だな」っと茶化してくる。神戸の出会い

好きそうでなくて好きなんです!って言い返すけど(笑
愛知は独自の県大会を検討中!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です