一度は開催される神戸の割り切り

SNSをきちんと楽しんでもらいたい、ネットリテラシーのリテラシーが叫ばれている中でありたい。
ロナ関連の発表図神戸の割り切り
「頭を信じている」とは思えない
今まで色々言ってきました。

厚生労働省は今月初めまで毎日発表する
国内発生数について
それはそれ自体で合算され、国として発表されました。

神戸の割り切りただし、第9回から都道府県別集計
積み上げたものを使い始めました。

このように国を数える方法には多くの間違いがあります。
現場近くの各自治体の数を当てにした方がいい
確かだったので変わったと思います。神戸の割り切り

言い換えると、
以前に数える仕事について無理なことがありました
「もう正確につかめない、不可能だ〜」
国がついにスプーンを投げたように見えた。

それが国の数字です
多分それは柔らかさの感覚を含んでいた
風邪関連の数値についてはまだ疑問があります。

でもここに来た時はマネックス証券の松本大さん
ブログを読んだ後、私の考えは変わりました。

彼が生命保険会社に尋ねたとき
1月から4月までの死者数は昨年よりも少ない。
いくつ検査しても、
日本は、死者の数は非常に少ないと言います。神戸の割り切り

日本は他の国より本当に小さいのかな
ようやく考え始めました。
まだ100%信じられません。
(^ _ ^;)

神戸の割り切りちなみに松本さんを見て
生で一度だけ見たことがあります。

以前長野市で開催
マネックス証券セミナーにて
お客様としても参加したとき。神戸の割り切り

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です