神戸の出会いの厳しい現実を目撃しました

世界が完全に受け入れられないことはよく知られています

私は20歳の神戸の出会いで、日本を使い果たして数年世界中をさまよいました

英語が話せなくても

神戸の出会い時代、ベルリンの壁がまだ立っているとき、私たちは東ヨーロッパの厳しい現実を目撃しました

それでも、私を暖かく迎えてくれた旧ユーゴスラビアとオーストリアでは、地元の女性と仕事をして生活しなければなりませんでした

貧しい人でも一生懸命生きる人々と交流することによって

日本人が世界からどれほど離れているかを実感しました

当時の東ヨーロッパでは、生き残ることは人生でした

神戸の出会いを越え、日本や軍の警告網を通過させることは致命的です

あなたが拘束されている場合、あなたはもちろん落ち込んでしまいます

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です