意味が重要だった神戸の出会い

ある意味でジョン・レノンのイメージを決定づけた名曲「イマジン」を収録したアルバム。

神戸で異性と出会いやすいサービスやスポットを体験してきた

その「イマジン」の存在が大きすぎですが、他の収録曲も重要曲が目白押しで、

例えば、神戸の出会い

“いくら取り繕っても、曲がった心は隠せない” と歌われる

「クリップルド・インサイド」、

他には、神戸の出会い

“とにかく生きていくのはシンドイことだ~” という

「イッツ・ソー・ハード」

そして、

愛する人へのあまりにもストレートなラブ・ソング

「オー、ヨーコ」 など。

もちろん
平和な世界を祈りたいけれど、

まず
この3つくらいを意識し、クリアしながら生きていければいいなと
このアルバムから教えられた気がします★
『 『ソウルの女王』が危篤?! 』神戸の出会い

写真を表示
アレサ・フランクリ
「書き方は音楽から学んだ」 』神戸の出会い

写真を表示
作家・村上春樹さんの言葉。神戸の出会い

僕も音楽からの仕事の影響は大きいから
この言葉は嬉しい(^-^)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です